大阪の司法書士 藤井のブログ

相続・遺言・成年後見・不動産名義変更の中央リーガルオフィスのブログです

成年後見人の申立てをする・しない

by 藤井 on 2013年6月2日

おやつ

 今日のおやつは「ぶと饅頭」です。奈良県の萬々堂通則さんの商品です。

みためはこんな感じです。

 

一見するとドーナツにそっくりで、食べてみたらあんドーナツにそっくりでした。

米粉で衣をつくっているとのことで、中にはあんこが入っています。衣は油であげて

外側にはほんのり砂糖がちりばめられています。ほどよい甘みのあんで、疲れた脳の疲労回復にはもってこいです。

あんドーナツ風ですが歴史的には古いようで春日大社の御鎮座当初からの歴史がある

とのこのとなので…とても古くから(^^;)作られているようですね。

現在ではこんな失礼な言い回し(あんドーナツ風)をしてしまいましたが、あんドーナツが

なかったころにはこのお菓子は画期的で他の追随を許さない美味として君臨していたのではないでしょうか。この豊食の現代でもあんドーナツはきっと愛されているはずです。それがずっと以前から

日本で存在し続けていたことが驚きです。歴史のあるお菓子全般にいえることですが、

発案者の努力、受け継ぐ人の努力、愛する顧客の存在が全て揃ってこそですね。

成年後見人の申立てをする・しない

 成年後見人の選任の選任申し立てをするかどうかは

事案ごとに慎重に判断する必要があります。

親族が成年後見人となる場合でも変わりはありません。

やはり慎重な判断が必要です。

 ですが成年後見制度と申し立て後の具体的な仕事や事務

実際に成年後見人をされた親族の感想などを参考にして、

その事案を検討する必要があるのです。このような作業は

実は中々骨の折れる作業なのです。

法律書を紐解いて全てが分かるわけでもありませんので、実際に成年後見人をすること、

幅広く親族後見人などからの相談や悩みに耳を傾けることが大切なのです。

 

 インターネットの普及で制度の情報や断片的な情報は目にすることができます。

ですが大切なのは、必要かつ正確な情報を選別すること・情報を組み立てること・

経験に基づいてあてはめることです。まさに骨の折れる作業なのです。

 専門家司法書士は確かに申し立て手続きや成年後見人となることも

大切な仕事なのですが、成年後見人の申立てをする・しないの判断をすることも

とても重要な仕事なのです。

Comments are closed.